【雨なのに】列車の徐行指示なし?|お得商品をお探しならカタログギフト.com

サイトマップ

カタログギフト.comのヘッダー画像

【雨なのに】列車の徐行指示なし?

雨なのに、通常速度で走行をすると、区間によっては事故を起こす危険性が高まる場合があるのです。

高速道路では、この傾向が強いです。

ところが、6月27日付の産経新聞で報じています。

JR和歌山線の高田駅にある雨量計が、規制値を超えているにもかかわらず、速度規制値を超えたまま通常速度(時速70から80km)で運転したもの。

本来なら、高田駅から御所駅までの約5kmの区間及び他の1区間を徐行指示を出すべきだが、司令員は別の区間を徐行指示に出したのが原因。

自動車の場合なら、とっさの急ブレーキをかけると、真っ直ぐ止まれるか否かは微妙な状態になるでしょう。

徐行運転時の取り扱いを再点検して欲しいところです。